YouTube戦略

YouTubeをビジネスで活用する為に必要な【5つのこと】

YouTube

年々進化していく動画マーケット。

その中でも近年注目されているのが、

「YouTube」をビジネスに活用する方法です。

エンターテイメントのチャンネルが多かった日本のYouTube業界。

実は大手企業だけでなく、個人事業者やフリーランス、個人でも、

「売上・集客・ファン化」というだけでなく、

「人材確保」という採用コストまでも行える時代に突入しました。

その上で大事な5つのポイントについてお伝えしていきます。

YouTubeをビジネスで活用する

早速ですが、YouTubeをビジネス活用すると考えたときに重要な考え方があります。

<一般的なYouTube運営>
・チャンネル運用
・編集クオリティ
・チャンネル登録者を増やす
・再生回数を増やす

というような一般的な考え方と少し異なります。

そもそも、なぜYouTubeを活用したいか?と言う観点で考えると、

・売上を増やしたい
・集客したい

新商品のPRにしても、新規事業を立ち上げる、広告動画を流すにしても、

集客して売上を増やすことが、ビジネスでYouTubeを活用する本質的な目的になります。

ビジネスで成果を出す動画の活用方法

個人事業主や企業がYouTubeを活用する最大の目的は、

KPI=売上・集客に繋げること。

そのための“手段”としてYouTubeを利用する。ということです。

チャンネル登録者数や、再生回数をあげることが目的ではないのが、

一般的なエンタメ系YouTubeとの大きな違いになります。

現時点での主な活用事例として次の項目を紹介します。

YouTubeをサイトへ埋め込む

事例として私のサイトで利用している動画で説明します。

下記の動画は「結婚式のオープニングムービー」の事例としてYouTubeチャンネルにアップしています。

ウェブサイトにも同様に、YouTubeの動画を埋め込み、

サイトを訪れたユーザーがスマホですぐ見れるようにしています。

この場合の流れとしては・・

YouTube→自社サイト

自社サイト→YouTube→自社サイト

Google検索→YouTube→自社サイト

というウェブサイトへの導線として設置することが可能ですね。

グーグル検索からの流入

少し前項で触れましたが、Google検索から動画が表示されるようになりました。

一部のクエリ(キーワード)では、動画も検索結果に表示されます。

これは、文字コンテンツよりも、動画の方がユーザーにとって分かりやすい。

と、Googleが判断して表示させていることになりますね。

Googleは、検索ユーザーがより簡単に知りたい情報を表示するアルゴリズムに日々変化していることが要因です。

例えば、先ほど紹介したような「結婚式 オープニングムービー」と検索すると・・

という風に、ウェブサイトと一緒にYouTubeの動画も表示されます。

※検索ボリュームの少ないキーワードでは表示されないこともあります。

動画広告をSNSで活用する

動画広告として制作した動画をYouTubeチャンネルにアップすると、

SNSでシェアすることが簡単にできます。

・Twitterで拡散
・Facebookに投稿
・Instagramに投稿

それだけではなく、SNSの広告動画としても活用できますね。

・InstagramのIGTVやストーリーへ投稿
・InstagramやFacebookの動画広告
・Twitterの動画広告

ここからYouTubeチャンネル、またウェブサイトやLINE@、メルマガへの登録など、

興味付けの動画として活用することもできます。

例:ダイジェストムービーを制作した場合

・各SNSで動画広告として利用→ウェブサイトやLINE@へ
・YouTubeチャンネルにアップ→ウェブサイトやLINE@へ
・YouTubeの他の動画も見てくれる→興味・関心→ファンへ

1つの動画を作ることで、今は様々な用途に活用することができます。

SNSそれぞれで最適なフォーマットや画角などもありますので、その辺は微調整して投稿するのも1つの手段です。

YouTubeで成果を出す目標設計

YouTubeを活用して成果を上げるとした時に、

最大の目的・目標はどこにあるのかを、はじめに設計することが大事です。

<売上・集客に繋げたい>
具体的な目標値と導線設計・ジャンルとYouTubeのターゲット層・ファン化

<ブランディングや認知>
メディア戦略・コンテンツや世界観の設計・インフルエンサーマーケティングを利用するなど

チャンネル登録が全てではない理由

チャンネル登録者数は多いに越したことはありません。

ただし、ビジネス活用する場合は、登録者数が増えることが売上に繋がる・・というよりも、

次のアクションをしてもらうためのフロントとなる入り口になります。

実際に、チャンネル登録者数が1000人以下のチャンネルでも集客や売上に繋がっている会社もあります。

要するに、ターゲット層のいるプラットフォームの1つとして、YouTubeにも入り口を作るイメージです。

今の10代・20代の方はGoogle検索だけでなく、

SNSやYouTube内で、知りたいことや課題を解決してる世代です。

文字コンテンツより、動画を見た方が早い。という認識が広がってきているからです。

YouTubeとGoogle検索のSEO

Google検索とYouTube検索、SEOは気になる所だと思います。

業種やサービス内容によっては、SEO対策として、

YouTube動画のタイトル・タグ・説明・キーワードなどを設定してあげる必要もあります。

ただし、ターゲット層がGoogle検索しない人の方が多い。

もしくは、キーワードの検索ボリュームが低い場合、そこまで気にしなくても良いです。

それよりも、チャンネル運営や関連動画へ表示させて、多くの人へ認知させることが近道だったりするわけです。

どんな使い方、チャンネル設計するかによって、動画のジャンルを分けて制作する方が、

無駄な労力をかけず、最短で成果に繋げることに時間と労力をかけた方が良いと思います。

関連動画に表示させる戦略思考

多くのYouTuberや動画集客を行なっている方の話に共通して出てくるのが、

YouTubeの関連動画に表示されることです。

チャンネルを始めたばかりの頃は、全くと言っていいほど誰も見てくれません。

YouTubeでは、動画を見た後や再生中の横(スマホなら画面下など)に表示される関連動画という枠があります。

多くの方は、その関連動画から次の動画を見たりするのです。

なので、最初のスタート時点では、競合チャンネルや伸びている動画の関連動画に表示されることによって、

自分のチャンネルや動画へ誘導することが可能になります。

ただ、これはYouTubeのアルゴリズムが関連しているため、100%の方法というのはありません。

常に進化しているので、過去に有効だった手法はすでに効かない傾向にあります。

ただ、昔から共通しているのは、タイトル・サムネイル・動画の内容と説明です。

ここはとても重要なポイントなので、競合チャンネルの動画を分析し、改善を繰り返し行うことが王道です。

YouTubeチャンネルを育てる

チャンネル登録者数を増やすことが”目的”ではないにしろ、

見てくれる人やファンを増やすことにはデメリットはありません。

欲しい人に紹介してくれたり、メディア関係や企業からの問合せなどにも繋がることもあります。

当然、動画の本数や再生回数が伸びてくると、多くの人に見てもらえる機会も増えることになります。

YouTube内からユーザーを獲得する

基本的にチャンネル登録の増減は、普段からYouTube内にいる人たちがメインになります。

Twitterから流れて視聴したとしても、チャンネル登録するか?というと、登録率はそこまで高くないのが現実です。

それはSNSの特性と、ユーザーの属性が異なるからです。

例えば、Twitterユーザーの場合、タイムラインは流し読みする習慣があります。

1つの投稿を見るのに「直感的に見たい」と思わない限り、スルーしたり、文字すら読まないこともあるでしょう。

その習慣が付いている人にとって、5分〜10分の動画をじっくり見るという行動は、

見る人がよほど興味がある内容や、いますぐ欲しいと思っている人以外、なかなか登録までいかないようです。

なので、YouTubeの中にいる人を基軸に他のSNSやウェブサイトと連携して視聴者やファンの獲得できるようチャンネル運用を行なっていくのがベストです。

SNSからYouTubeへ誘致

先ほど属性の話をしましたが、YouTube単体で動画を上げ続けても最初はなかなか見てくれません。

そのため、他のプラットフォームから誘致することも必要になってきます。

インスタグラムやフェイスブックなど、他のSNSからYouTubeチャンネルへ導線を作ります。

また、YouTube広告を使うことで認知されるスピードを加速させることも可能なので、

予算がある企業はスタートから広告利用する方法もあります。

チャンネル運営の理想は毎日更新

結果の出ているYouTuberやYouTubeクリエーターでも紹介・提言されていることは、

「毎日更新です」

1ヶ月に2〜3本アップするだけだったり、

1日に数本アップして、全く更新しなかったりするよりは、

毎日1本ずつ動画が更新されるチャンネルが、結果的に伸びているのが今の現実です。

動画のクオリティは、ブランドやイメージもあるので高い方が良いのは当たり前ですが、

どこまで労力をかけるか?という点の線引きは難しい部分でもあります。

ただ、チャンネルを育てるという点に関して言えば、

クオリティよりも動画の本数を増やすことが重要視されます。

企業や個人が取り組む場合、課題となるのが

この毎日更新や、動画制作にかける時間とコストです。

動画制作にリソースをかけすぎて本業が疎かになっては本末転倒ですよね。

YouTubeは成果や結果が出るまで多少時間もかかります。

その分、やめていく人や続かない人も多いので、参入障壁もそれなりにあるということ。

しかも、YouTube市場は伸びており、5Gの時代がくるのも分かりきったことなので、

ビジネス系のチャンネルや自社チャンネルを育てるのには、

インスタや他のプラットフォームよりも、YouTubeに力を注いだ方が良いと私は思います。

まとめ

今回は「YouTubeをビジネスで活用する為に必要な5つのこと」というテーマでお伝えしました。

YouTubeの重要性は色んな業界からも注目されています。

芸能人がここ最近、急激にYouTubeへ参入してきたり、インフルエンサーの方も始めてますが、

企業が参入するにはまだ時間もかかるようです。

マーケターや経営者にとって大好物な言葉である「ブルーオーシャン」なんですね笑

だからこそ、今YouTubeをスタートさせている企業や個人も増えているのです。

もし、YouTubeを始めたい企業さん、会社さんがいましたら、

撮影から運営サポートまで一貫してお任せ頂けるのでお声かけください。(今後事業化します)

動画編集チームや、この手のサービスも今後確実に増えてくると思いますので、

動画クリエーターにとっては仕事も増える未来になるかもしれませんね。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!

youtube
YouTubeチャンネルの開設方法とSEO対策をビジネス向けに解説!個人事業やフリーランスの方でYouTubeチャンネルを活用してコンバージョンやブログ記事への誘導など、今注目されている動画コンテンツのプラットホームとして非常に有力なYouTube。まだチャンネル開設していない人向けに、YouTubeチャンネルの作成手順と、動画コンテンツのタイトルやSEO要素も合わせてご紹介します。...