Web集客

カメラマンがSNS・インスタグラムで集客に頼りすぎると危険な理由

どうも、ウェディングフォトグラファーの山﨑です。

今回は「カメラマンがSNS・インスタグラムで無料集客に頼りすぎると危険な理由」というテーマでお伝えしていきます。

最近、インスタから問合せは増えてはいますが、

実際のところの成約や売上。

なぜ依存すると危険なのかについてお話しようと思います。

カメラマンのSNS集客について

フリーランスや個人問わず、カメラマンがSNSを利用して撮影案件をDMで問合せ受けることは珍しくありません。

むしろ、今の時代に独立してカメラマンで生計立てるのにSNSやってない・・のは、ヤバ目な感じですね。

ウェブサイトは持ってないけど、インスタで問合せ来る。という人は結構います。

いろんな個人情報(名前・メアド・電話番号など)を入力しなくても、

メッセージだけでやりとりできるDMや、LINE@を活用する人は増えています。

前提として「SNSを利用してる」というのは必須だと思ってます。

では、なぜSNS集客だけでは危険なのか・・ということを解説します。

SNS・インスタ集客に依存するリスク

基本的にSNS(Facebook・Twitter・インスタグラム)は無料で誰でも使えます。

簡単い言うと、気軽にできる情報発信のツールとして利用できますね。

無料だから誰でも始められますし、誰でもプロカメラマンと名乗れる時代です。

メリットは当然、無料で集客できると言うことです。

SNS広告なども利用して集客に繋げることも可能です。

ウェディング関係ならインスタグラムが圧倒的にターゲット層と写真系のSNSなので、

今は絶対にインスタで認知度を広めた方が良いと思ってます。

メリットはこのくらいにして、デメリットの話です。

情報発信をずっと続けなければならない

これ考えたことありますか?

インスタにしろ、Facebookにしろ、

更新・投稿をずっとしないといけないと言うことです。

毎日投稿や、写真を揃えたり、いいね!を押したり、コメントを返したり、

SNSで集客しようとすると、アカウントを育てないといけません。

ここに意外と時間を使ってしまうことってありますよね。

しかも、毎日更新をし続けたりとかしているうちは良いとして、

例えば忙しくて更新が途絶えたり、

投稿するネタに困ったり、

本業が忙しくてなかなか投稿できなかったりなど、

SNSの情報発信は、続けないと成果に繋がりにくい。と言うデメリットがあります。

自分のフォローしてる人やフォロワーの中で同業者もいると思いますが、

意外と更新しなくなったりしているの見かけませんか?

大半の人が継続できないか、なんとなくアカウントだけ残ってる。

と言う状態も珍しくないです。

1番のハードルは「更新をずっと続ける」ことです。

更新が止まると売上が下がる

SNSのデメリットとしてあげられるのが、

投稿できない状況にいつ誰でもなる可能性があること。

更新ができない場合、インプレッションは下がり、認知度も下がり、

投稿を見てくれる人も少なくなります。

広告でも出さない限り、SNSで集客できていた件数は増えることはありません。

むしろ、全く更新が行われていない状態ならば、

「あれ、やめたのかな?」

なんて、勝手に悪い方向に想像されてしまうかもしれません。

SNS集客は、投稿し続けている状態が前提なんですね。

アカウントが削除されるリスク

インスタグラムにはペナルティ要素があるって知ってます?

しかも通知なんか来ないので、自分がユーザーに表示されているかわからないこともあります。

仕様が頻繁に変わるので、具体的なことは書きませんが一例としてあげると・・

・あるハッシュタグで自分の投稿が表示されなくなる

・いいねやフォローができなくなる

・他人のタイムラインに表示されなくなる

というの現象もあります。

しかも、通知が一切来ない・・・。

怖くないですか?

今後色々変更になることもあると思うので、どうなるかはわかりませんが、

現時点で確認されているペナルティの一部がこんな感じです。

当然、アカウントが凍結されたり、乗っ取られたり、通報されて削除されたりするリスクもあります。

1つの集客経路に依存するリスク

SNSでの集客は確かに成果は出ます。

僕も今年の1月から本格的に運用して、

フォロワー800人→7800人ほどになりました。

去年と比べるとインスタから成約に繋がった案件は多少増えていると思います。

これは、インスタをやっていなかったら売上になっていなかった。ということなので、

やっていて良かったと思ってます。

ただ、SNSだけに依存するのは本当にリスクしかないです。

それは、先ほど述べたような情報発信をやめたら影響があることや、

アカウントの凍結やペナルティが、いつ誰にでも起こり得る可能性もあること。

ユーザーが別のプラットホームに移った時に、また0スタートになること。

今はいいけど、3年後、10年後どうなってる?

集客経路を複数持つのが大事

SNS集客は絶対にやるべきことだと思います。

ただし、1つのプラットホームだけでなく、

Webサイトからの問い合せや、

他のSNSを利用したり、

YouTubeを活用したり、

アナログですが人や業者からの紹介だったり、

いろんな集客経路を持つことが大事だと思います。

 

インスタとか特に投稿時間だったり、写真の載せ方など、

みんな考えながら投稿していると思います。

でも、今日は忙しかったから・・とか、

疲れたから後回しに・・など、

毎日投稿するにも労力が必要ですよね。

ましてや個人ならともかく、企業として取り組んでいるなら

担当者が辞めたりすると・・めんどくさいですよね。

 

ウェブ上に資産を残すことを考えると、

ストック型のブログ記事・Webサイト・YouTubeの動画コンテンツなど、

フロー型のSNSのメリットと資産型のメリットをかけ合わせた運用が今後大事かなと思います。

 

特に今はYouTube、動画市場、インフルエンサー市場が伸びまくっているので、

SNSのプラットホームも動画コンテンツを投稿できる仕様に変わりつつあります。

 

動画を投稿する毎日・・・って、結構ハードル高いと思いませんか?

だからこそ、色んな集客経路を持つことで、

たとえ1つの入口がなくなったとしても

安定した売上が確保できるように仕組みを作ることも大事ですね。

 

とう言う、久しぶりのブログ記事でした。

ご参考になれば幸いです。