ブライダル業界の話

ハワイウェディングは日本人向けに作られてるって知ってました?

ハワイウェディングの仕組み

ハワイのワイキキビーチ沿いには、

ハネムーンやハワイ挙式を行うカップルに人気のホテルがズラリと並んでます。

海が一望できるチャペル。

豪華なホテルで挙げるセレプション。

英語が飛び交うハワイの一流ホテルですが、

実は日本の企業が経営権を持ってるホテルも多いです。

ハネムーン人気の高いホテルも数件ありますが、同じ企業が経営していることもあります。

ホテルの名前は英語で、歴史もあるホテルですが、経営権は日本の企業。。なんですね。

日本より規制が厳しい

ハワイ挙式を希望する場合、大手旅行会社や大手プロデュース会社を利用される方が多いです。

でも、そこには日本のブライダル業界以上に、規制を厳しく設けてある事も多いです。

例えば、チャペルです。

この会社でないと申し込みができない。

この会社から衣装を買わないとできない。

この会社の商品の中で選ばなければならない。

そんな規制だらけなのがハワイウェディングの現実です。

表には出ないハワイの裏側

あるチャペルでは、

ずいぶん前に宣材写真として撮られたチャペルの写真が未だに使われてます。

実物を見ると、、

「え…?これ?

と、カタログで見た写真と大きくかけ離れた現実に直面することもあります。

日本の結婚式と違って、実物(チャペル)を見て決めれないからです。

事前にハワイへ見学に行けば見れますが、そんなことができるのは一部の人しか実現できないですよね?

何十万〜数百万という買い物なのに、

現物でなくて、写真やパンフレットで選択して決めないといけない・・。

これは僕の課題でもあるのですが、もっと分かりやすく、実感できるように変えることはできないか模索します。

仕組みが変わってない

10年以上も前に作られた仕組みから変わっていないのが現実ですね。

日本の式場でも、カメラマンの持込禁止、衣装の持ち込み禁止など規制はあります。

施設を運営する立場からすれば、規律を設けるのは当然なので、良い悪いという話ではないのですが、

時代のニーズに合わせて仕組みが変化していないという所がユーザー目線ではない気がしてなりません。

それは、3年前と同じ状況で、同じ悩みを抱えて、相談やお問合せを、今も受けているからです。

変わらないオプション料金

最近は挙式前や挙式後にビーチで写真を撮ったりするロケーションフォトも人気です。

インスタを見れば山のように出てきますね。

そのビーチフォトの中には「10万払って写真20枚程度」というオプションもあります。

冷静に考えると、高い・・ような気がします。

超一流の写真家・・なら分かりますが、

ハワイにそんな人気のカメラマンは数人しかいません。

一般的には日本よりも高額な写真撮影のオプションも多いので、

フォトツアーだけを提供する会社も多いです。

それも全部、日本人向けのサービスです。

ちなみに、海外の方(僕らから見た外国の人)がウェディングの撮影をする場合、

ワイキキエリアではなく、邸宅やシークレットアイランドなど、ハワイの自然感抜群な場所でされてます。

目を疑う光景

先ほどのチャペルも人気が低くなると売却され、別の企業が管理するようになります。

その中には管理体制が悪いゴミ屋敷のようなチャペルもありました。

しかし、ネットでは評価の高い口コミや記事が掲載されてます。

ブライダル業界は一般的に華やかなイメージで、

ハワイウェディングとなれば憧れも強いかもしれないですが、

「ここまで差があるのか…」

と、思うくらいひどいチャペルもありました。

しかも、そのチャペルを利用するのは日本人だけです。

全てがそうではない…でもね

全部のチャペルがそうではないでしょ。

と言われると思いますが、それは当たり前の話です。

でも、ハワイ挙式を夢見てる新郎新婦さんにとって

そもそも、そんな差があってはいけない。と思います。

その人にとっては、大切な1日になるわけで、

そこに理想とかけ離れたものを提供してはいけないと思うのです。

そこで、一つの疑問が出てきました。

ハワイ挙式を販売している会社(旅行会社も含め)の中の人は、

実際に見て、自信を持って勧めている人がどの程度いるのか疑問に感じます。

まとめ

現地のプロデューサーと話た時に、こんな話を聞きました。

昔ながらの人間がやってる会社ほど、固定概念と過去の栄光に陶酔して、今のニーズとずれてる。

ということなので、ちょっと新しい仕組みを作っていこうと考えてます。

新郎新婦さんにとっても、

カメラマンにとっても、

ハワイウェディングが、今より良い方向に進めるような仕組みを考えていこうと思います。