フリーランス

レバテックフリーランス様から記事紹介を受けました|ビジネスマインド参考記事

こんにちは、山﨑です。

今回は僕が書いているフリーランスのためのビジネスマインドの記事

フリーランス向けの情報サイトに掲載されましたというご紹介です。

せっかくなので、レバテックフリーランスさんに掲載されている内容も少しご紹介したいと思います。

レバテックフリーランスとは?

レバテックフリーランスは、IT・Web系の常駐型フリーランスエンジニア(個人事業主)専門のエージェントです。フリーランスと企業の間に立ち、両者のマッチングを支援。登録された方のスキルやご要望に合わせて案件をご提案し、企業との交渉や契約も代行致します。フリーランスが自ら営業する必要をなくし、交渉や契約業務の負荷を限りなくゼロに近づけます。(レバテックフリーランスより引用

一言でいうと、「企業とフリーランスのつなぎ役」です。

個人事業やフリーランスは、本業の仕事以外にも

・財務管理
・請求書発行
・売上管理
・契約書や書面の作成
・商談、営業、交渉
・税金関係

この他にもたくさんあります。

カメラマンで例えると、

写真を撮ることはめちゃくちゃ上手な人でも、営業や交渉ごとは苦手・・。

こんな人はたくさんいますよね?

そこもフリーランスの面白さでもありますが、下手な交渉や営業は結果的に自分の収入に直結します。

マッチングサイトの利点

マッチングサイトの利点は、

欲しい人材を探している企業と、仕事を探している・増やしたいフリーランスが、

無駄な労力をかけずに見つけることができるのも、大きなメリットです。

 

特にスタートアップの時期、

ウェブサイトやSNSで情報発信したとしても、直接の受注に繋がることは少ないです。

企業としても、過去の実績や、経験スキルは当然検討材料になりますし、

他にもたくさんのフリーランスが世の中にはいるわけです。

 

あと、企業側からしてもリスク回避に繋がります。

・人材確保に費やす「時間・労力・コスト」を最小限に抑えることができる
・請求書や契約など、個人を相手するより対企業の方が一貫してできる

その他にもメリットはありますが、

どんな企業や業界から求められているのかを把握することもできますね。

フリーのエンジニアは登録しても良いかも

フリーランスのエンジニアに特化した案件が多いので、

ランサーズ・クラウドワークスのような、幅広い案件よりも、

より高度な技術、より高単価の仕事を扱っているようです。

 

ビジネス的に企業の仕事がほとんど。

つまり、独立してウェブサイトで自社集客する時間やコストを考えるより、

マッチングサイトで”注目される人”というポジションを狙っても面白いかもしれませんね。

 

企業と契約するためには、法人化していないとそもそもダメだったり、

過去の実績や経歴など、実際提供できる技術以外の部分も重視されることも多いため、

レバテックフリーランスのような専門サイトで「集客・契約・事務」などはやってもらい、

技術を提供して対価をもらう。というスタイルも働き方の1つだと思います。

最後に

マッチングサイトの利点は集客しなくても、企業案件を受けることができます。

ただ、フリーランスにとって大事なのは、

収入の入り口を1つに絞らず、取引先を分散させることも必要です。

 

1つの企業と契約して毎日仕事をし続けたとしても、

急に他の人へ切り替えられたり、その会社が無くなったりするリスクもあります。

そうなったら一気に収入が0になってしまうわけです。

 

リスク回避は自分にしかできないことなので、

いろんな収入の窓口を増やしておくのも、フリーランスにとって重要だと思います。

 

レバテックフリーランス公式サイトはこちら